次世代のWebのためのスケーラブルでインターオペラブルかつ安全なネットワークプロトコル

Image
いかなるタイプのブロックチェーンにおけるいかなるデータ

Polkadotはトークンに限らず任意のデータをブロックチェーン間で送受信することができるネットワーク・プロトコルです。

これは、Polkadotがクロスチェーンレジストリとクロスチェーンコンピュテーションのようなものが可能な真のマルチチェーンのアプリケーション環境であることを意味します。

Polkadotはパブリック、オープン、パーミンションレス、プライベート、パーミッションドチェーンに関わらずデータを送受信できます。

つまりプライベートチェーンにおける閲覧制限のあるデータを取得しパブリックブロックチェーン上で、アプリケーションを作ることができます。例えば、学校の記録を管理するプライベートないしパーミッションドチェーン上のデータがパブリックブロックチェーンにおける学位証明のスマートコントラクトで使われるなどが考えらます。

Network Glossary

Polkadot unites a network of heterogeneous blockchains called parachains and parathreads. These chains connect to and are secured by the Polkadot Relay Chain. They can also connect with external networks via bridges.

Connecting the dots

Relay Chain

The heart of Polkadot, responsible for the network’s shared security, consensus and cross-chain interoperability.

Parachains

Sovereign blockchains that can have their own tokens and optimize their functionality for specific use cases.

Parathreads

Similar to parachains but with a pay-as-you-go model. More economical for blockchains that don’t need continuous connectivity to the network.

Bridges

Allow parachains and parathreads to connect and communicate with external networks like Ethereum and Bitcoin.

Consensus Roles

Nominators

Secure the Relay Chain by selecting trustworty validators and staking dots.

Validators

Secure the relay chain by staking dots, validating proofs from collators and participating in consensus with other validators.

Collators

Maintain shards by collecting shard transactions from users and producing proofs for validator.

Fishermen

Monitor the network and report bad behavior to validators. Collators and any parachain full node can perform the fisherman role.

Governance Roles

Council Members

Elected to represent passive stakeholders in two primary governance roles: proposing referenda and vetoing dangerous or malicious referenda.

Technical Committee

Composed of teams actively building Polkadot. Can propose emergency referenda, together with the council, for fast-tracked voting and implementation.

Image
最高の技術での構築

PolkadotのリレーチェーンはParity Technologiesが過去にEthereumやBitcoin, 企業向けブロックチェーンを作る中で学んだ知識を結集させたブロックチェーンのフレームワークであるSubstrateで作られています。

Polkadotのステートマシンは非常に性能の高い仮想環境であるWebAssembly(Wasm)にコンパイルされます。 Wasmは、グーグル、アップル、マイクロソフト、Mozillaなどの大手企業が大規模なエコシステムを形成し標準化する為に開発を行っています。

PolkadotのネットワークはP2Pアプリケーションのための柔軟なクロスプラットフォーム・ネットワーク・フレームワークであるlibp2p、を使用しています。将来の分散型アプリケーションのための標準であることを位置付け、libp2pはPolkadotエコシステムにおけるピア発見と通信を処理します。

PolkadotのRuntimeは、幅広い開発者にアクセスするために、Rust、C ++、およびGolangでコーディングされています。

トランザクションの並行処理

パラチェーンはPolkadotに接続する為の特別なブロックチェーンです。パラチェーン内では独自のユースケースに特化した特徴を持ち独自のガバナンスを保持できます。

パラチェーン間のやり取りは並列処理で行われます。これは高いスケーリング能力を持つシステムを可能にします。

トランザクションはチェーン間に伝達され一定期間内にさらに多くのトランザクションをさばくことができます。

現在のメソッド:
単一のトランザクション

Image

Polkadotのメソッド:
マルチトランザクションの並列処理

Image

Groundbreaking Technology

Polkadot is solving many of the problems that have held back blockchain technology so far — all in one place, without compromising.

Image
優れたセキュリティモデル

Proof of WorkとProof of Stakeのシステムにおいて、ネットワークを安全に保つためにリソースの取り合いが行われます。そしてブロックチェーンが大規模なコミュニティに成長するまで簡単に攻撃されるリスクがあります。

Polkadotはセキュリティをプールするということなるアプローチを取ります。これはブロックチェーンのセキュリティがまとめられ全てのブロックチェーンに適応されることを意味します。

Polkadotへブロックチェーンを接続することによって開発者は最初からブロックチェーンの安全性を保つことができます。

Image
透明なオンチェーンガバナンス

プロトコルのアップデートは透明なオンチェーン投票によってチェーンの分岐なしに行うことができます。なので、プロトコルの開発はプロセスが明確でないことによる失速が起こりえません。リレーチェーンは衝突を解決しネットワークをアップデートするために透明性が高く、ルールが守られる洗練されたガバナンスを用いています。

DOTトークンは提案の整理、採択、投票などガバナンスの意思決定プロセスに参加することに使われます。

パラチェーンでは、独自のガバナンスメカニズムを設計し他のパラチェーンに影響を与えることなく自由を最大化することを可能にするよう設計されています。

Polkadotのガバナンスについては、こちらをご覧ください
Image
GRANDPA: 信頼に足るコンセンサスアルゴリズム

Polkaodtは最も安全で耐性に強いネットワークを築く為に、GRANDPA (GHOST-based Recursive Ancestor Deriving Prefix Agreement) コンセンサスを使っています。

優れたネットワーク条件の下では、GRANDPAは、ほぼ瞬時にブロックを確定することができます。ネットワークの分離など悪いネットワーク環境下でも、一度問題が解決すれば一気に大量のブロック(理論的には数百)を確定することができます。

GRANDPAの詳細については、こちらをご覧ください

ロードマップ

Polkadotの開発は、インターオペラビリティ、セキュリティ、スケーラビリティ、そしてイノベイションのための最も堅牢なプラットフォームを提供するための軌道に乗っています。Polkadotは2019年の終わりに1つのリレーチェーンと複数のパラチェーンと共にジェネシスブロックをローンチすることを目指しています。その後にネットワークは約100のパラチェーンが段階的につながっていきます。

  • PoA

    Web3 Foundation will launch Polkadot in Proof of Authority mode. During this time, most users will be able to:

    Claim tokens from their Ethereum contract,
    Stake tokens and declare their intent to validate or nominate.

    Validators will also be able to set their Session keys in preparation for Proof of Stake, and Web3 Foundation will be able to use the Sudo key to manage the chain and enable more features.

    Advancing to the Next Phase

    Once the network is running smoothly and has a sufficient number of well staked validators, we will enable Nominated Proof of Stake with a Sudo call to change eras, and therefore perform the first validator election.

  • NPoS

    During Nominated Proof of Stake, the network will run with a decentralized set of validators. During this phase, Web3 Foundation will use Sudo to increase the number of validators in the set.

    Advancing to the Next Phase

    Once Web3 Foundation is confident that the network is working well - no slashing due to client issues, functioning validator elections - the Sudo key will issue a runtime upgrade that enables Polkadot's governance system.

  • Governance

    With Polkadot's governance system enabled, it can elect the first Council and Technical Committee and start accepting public proposals. While the Sudo key might still be needed for a few operations, governance can take over most of the chain's decisions.

    Advancing to the Next Phase

    With a Council and Technical Committee in place, someone can make a proposal for a runtime upgrade that removes Sudo functionality from the chain.

  • Remove Sudo

    Polkadot runs without the Sudo module. Root calls will only be dispatchable via governance.

    Advancing to the Next Phase

    Without Sudo, Polkadot is fully in the hands of the token holders. Most likely, the first feature they will enable is token transfers with a runtime upgrade.

  • Enable Balance Transfers

    Polkadot allows balance transfers.

    Advancing to the Next Phase

    To enable remaining functionality, Polkadot's governance will need to pass one (or a series of) runtime upgrades.

  • Enable Core Functionality

    Once governance enables parachain auctions and XCMP, Polkadot will have a fully functional Relay Chain. Where it goes from here is up to the token holders.

Polkadotの上に構築しているチームを見ませんか?いくつかの例:

WebAssemblyのスマートコントラクトを動かすスマートコントラクトチェーン(EdgewareCharred Cherry testnet テストネット)

全てのファイルストレージチェーンをキュレーションされたデータセットに繋げるデータキュレーションネットワーク(Ocean Protocol

Polkadotネットワーク内でオフチェーンの情報を使用可能にするオラクルチェーン(ChainLink

アカウントをアイデンティティと繋げることによって他のパラチェーンにより少ないアカウントでアクセスすることを可能にするアイデンティティチェーン(Speckle OS

Bitcoin, Ethereum, Bitcoin Cash, Litecoin, Zcashなどのブリッジを通して全てのポートフォリオのアセットを1つのチェーンで管理することを可能にするフィナンシャルチェーン。(ChainX, Katallassos

マシン・ツー・マシン通信のためのIoT基準を規定するInternet of Thingsチェーン(MXC Protocolプロトコル)

ゼロ知識証明または既存のZK-snarksチェーンにブリッジするチェーン(Zerochain)

オンチェーンに情報を保存するインセンティブのあるファイルストレージチェーン

Ethereumとのブリッジ。EthereumのスマートコントラクトがPolkadotネットワークとやり取りを行なえます。

Want to get started? Build on Polkadot